東大を目指すならまずは個別指導塾で中学受験から始める

2016年に海城中学合格を目指して理科の勉強をしているうちに、私は子供に東大に入ってもらいたいと思うようになりました。そのためには、まずは始めなくてはならないと感じ中学受験から実際に子供を個別指導塾に通わせています。東大に合格するには、東大合格者数の多い高校に入らなくては話になりませんし、そのためには対策として中学受験がやはり大事になってくるのです。まだ競争がそれほど激しくないうちから、東大へのルートを確保しておくことの大事さを認識して、質の高い個別指導塾に子供を通わせています。

個別指導塾でぐんぐん成績が上がりました

個別指導塾のいいところは、塾のように周りのレベルに合わせる必要がない点だと通わせてから気づきました。塾でなら、一般の子たちと同じレベルの授業を受けなくてはならないのですが、個別指導塾なら自分だけのハイレベルな勉強を進めて行けます。何年も先の勉強を小さいうちからできる点も魅力的です。レベルの高い場所なら、同じようにハイレベル大学を目指す子供も見つかりますし、いいライバルを獲得してモチベーション高く勉強を進めて行けます。そのように勉強していけば、自然と偏差値も良くなって中学受験対策になります。中学受験で有名な個別指導塾のなかには、実際に東大に通っているか、もしくは卒業したという講師の方も見つかります。そんな人達に教えてもらうことができれば、子供の成績もぐんぐん伸びていくはずです。